Road To UTMB

中国駐在中の30代サラリーマンがUTMBを完走するまでのプロセスを綴るブログ

第66回別府大分毎日マラソン結果発表

大変お待たせいたしました。先日出場した第66回別府大分毎日マラソンの結果をお伝えしたいと思います。

受付はがきを忘れた話や大分空港への行き方などどうでもいい記事で読者のみなさんをじらしながら、もうかれこれ二週間近く経ってしまいました。いろいろバタバタしておりまして、ようやく一息ついたところです。

私にとってこの別府大分マラソンは思い入れのあるレースです。2011年にランニングを始め、その時に目標としたのがこの別府大分毎日マラソン出場だったからです。そして、奇跡的にその年に出場資格であるサブ3.5を達成し、マラソン1年目にして出場権を獲得することができました。さらに、その時に出した3時間15分が今の自己ベスト。今思えば奇跡に近い走りだったと思うのですが、その時はサブスリーも簡単だな、などと調子に乗り有頂天になっておりました。これが災いしたのか、この記録を上回ることができずに5年もの歳月が流れてしまったのです。

このままではだめだ。私は自分を奮い立たせました。今シーズンこそ自己ベストを更新するのだ。

私は自分で自分の顔をはたき、気持ちを奮い立たせ、この三か月間、厳しい練習に取り組んできました。特に10月以降は、トレイルレースやマラソンに出場しまくったというのもあって、月間300㎞を二か月連続で達成しました。これは私にとっては快挙でインターバル走とかもやってみたり、これまでになくまじめに練習を積んできました。

その効果もあったのか、1月にはハーフマラソンの自己ベストを更新し、今シーズンはいけるのではないかという期待は日を追うごとに高まっていきました。

しかし、練習とレースは別物だというのは痛いほどわかっています。ハーフマラソンが良かったからといってフルマラソンもうまく走れるとは限りません。本番が近づくにつれ、今回もだめなのではないかという不安が徐々に大きくなっていきました。調子が良いというのも逆にプレッシャーとなり、一人勝手に悶えていました。

そんな暗鬱な気持ちを表わすかのように前日の夜からレース当日のお昼前まで雨が降っていました。朝方は雨脚も強く、このまま雨だったらやだな、とテンションが下がっていましたが、幸運なことに会場に着くと雨はやみ、気温も上がってきました。マラソンをするには少し気温が高い位かもしれませんが、私にとってはちょうどいい位です。調子も天気も気分も悪くない。あとは走るだけだ。

そして、ついにスタートを迎えます。後方からのスタートだったので、号砲からスタートラインを超えるまで約1分かかりました。それ以降は4分30秒~35秒/㎞を目標に走り始めました。

5㎞地点 22分40秒

出だしは悪くありません。後方からのスタートではありますが、出場者全員がサブ3.5ということもあり、そこまで渋滞せずに走ることができました。最初はしばらくフラットですので、4分30秒を目標にして走りました。足は動いています。

10㎞地点 22分38秒

引き続きペースを守ることができています。10㎞地点は折り返し地点を少し超えたあたり。引き続き足はよく動いています。自分では4分30秒のペースで走れているとは思えないくらい足は軽かったです。このあともしばらく平地が続きます。

15㎞地点 22分26秒

ペースが上がってきています。さらに足がよく動くようになってきました。ただ注意しなければならないのはここで飛ばすと後半にその代償を払うことになりかねません。これまで何回やらかしたことか。ここは我慢我慢、いややっぱり今日は調子がいいんじゃないか、と天使と悪魔のささやきがせめぎあうようになりました。

20㎞地点 23分00秒

ちょうどスタート地点付近です。このあたりは道の傾きが大きくなり個人的には走りにくい区間だと思っています。そして、さらにここで靴紐がほどけるというアクシデントに遭遇。マラソンは数十回走っていますが、靴紐がほどけるというのは初めてかもしれません。そのまま走るわけにはいかないので、道路の脇で結びなおします。ここまで調子よく来ていたので、止まってしまうのはもったいなかったですが仕方ありません。そして、動き出した時の足が重かったのが気がかりでした。

25km地点 23分06秒

最初から最後まで調子よく走れました、なんてことはマラソンではありえません。このあたりから徐々に足が重くなってきます。やっぱり前半飛ばしすぎたのか、、といつも通り今更反省をし始めます。ちょっと様子を見ながらいこう、30㎞から上げていくと心に決めて30㎞地点を目指します。

30㎞地点 23分02秒

ペースを上げたつもりでもペースが上がっていなかった、または落ちていた。この事実を目の当たりにしたときの精神的ダメージは計り知れません。25㎞過ぎから結構頑張ったはずなのにほとんどタイムが変わってないではないか。。落ち着け、まだ余力は残っているぞ、30㎞からペース上げるんだ、ここからだ!!

35㎞地点 23分31秒

自分の中では4分30秒ペースに返り咲いたと思っていましたが、そんなに甘くはありません。淡い期待とは裏腹にずるずるとタイムは落ちていきました。しかし、まだなんとか粘っている、まだ自己ベスト狙えるぞ、いくぞ、いくしかない、あと7㎞だ。自己ベスト狙えるかもしれない、感情が高ぶり、変なスイッチが入り、涙が出てきた。

40㎞地点 秘密

脚はもう使い果たした。腕もしびれている。呼吸も苦しい。からだに力が入らない。辛くて涙が出てくる。いや、これは記録更新できないかもしれないという悲しみによるものか。。粘れ、あきらめるな、3時間15分切りはもうすぐだ。涙が出てくる。もうここまでやったんだ、十分ではないか。とてもつらい。。

そして、ようやく競技場に。。。最後の力を振り絞り、トラックを全力で駆け抜ける。脚に重りを巻いて走っているようだ、全然おそい、、これ死ぬかもしれないな、、、と本気で思いながら、ようやくゴール、、疲れた。。。果たしていけたのだろうか。。。

 

f:id:wakaiojisan:20170214213124p:plain

よくやった、おめでとう。

ついにやりました、5年ぶりの自己ベスト更新です。ネットではなんとか3時間15分を切りました。グロスタイムは3時間15分を超えましたが、グロスでも5年前の記録を更新することができました。5年ぶりに同じ別府大分マラソンで自己ベストを更新でき感無量です。

しかし、まだすべてが終わったわけではありません。今月末は東京マラソンがあるのです。この東京マラソンで更に自己ベストを更新するつもりです。あと二週間なので練習はそんなに頑張らないけど、あとは気持ちを高めて、念願の東京マラソンにすべてをぶつけます!乞うご期待!