UTMBへのみち

30代サラリーマンが世界中のウルトラトレイルレースを制覇する

カンボジアのシェムリアップKTV情報

先日カンボジアシェムリアップにいき、いろいろ徘徊してきたのでメモしておこうと思います。ランニングとは全く無関係の記事です。

KTVとは、カラオケボックスのことで海外では日本で言うキャバクラみたいなものです。お店によってサービス内容は異なりますが、女の子とカラオケをして楽しんだり、お店の外に連れ出して遊んだりします。今回は、一緒に行った友人が無類のKTV好きだったので興味本位でついていきました。私はアスリートですのでそんな軟派なことはいたしません。行ったのは下記3箇所です。

①TOPTOWN(トップタウン)

どうやらここが一番メジャーな場所のようです。中国のKTVと同じような感じです。部屋に通されたあと、女の子が入ってきて好きな子を指名します。それから歌を歌ってもよし、すぐに外に遊びにいってもよしです。ちなみに料金はS70、L90とのことで少し高めの値段でしょうか、このあたりは交渉もできるかと思います。

②Sok Son(ソックサン)

シェムリアップのメジャーなKTVは上記トップタウンとこのソックサンと聞きました。システムはトップタウンとほぼ一緒で値段も一緒です。価格は交渉次第といったところだと思います。

③Premier(プレミア)

ホテルの近くをフラフラ歩いてたらピンク色の光が煌々と照らされており、明らかに怪しいの感じでした。よくわからないけどとりあえず入って見ると、普通のKTVのようで部屋に通されると女の子が入ってきて好きな子を指名するという流れ。私が指名したのはカンボジア語しか話せない初出勤の女の子。笑顔がチャーミングでおじさんの心を掴んで話さないのでした。ジョルモイ。とりあえず散々ビール飲んで、日本語の歌歌って40ドル位でした。外に連れ出せるかは試してないので不明です。

このようにシェムリアップもいろいろ夜遊びできる場所があることがわかりました。今回は現地で信用できそうなトゥクトゥクドライバーを雇い、色々連れてってもらいました。KTV以外にもローカルな場所に連れて行ってくれたり、コオロギを食べさせてくれたり、貴重な体験をしました。海外旅行するときにはこういった現地のエンターテイメントやローカルな場所を訪れるのも楽しいものです。もちろんあまりに冒険しすぎるのは禁物ですが、ガイドブックに載っている場所だけではなく、他にもいろんな観光スポットがあることを教えてくれます。こういった楽しみ方も海外旅行の醍醐味かもしれません。もちろん安全第一で。